CONCEPT

全ての音楽は、いつも、コンテンポラリーだった。」

これは、現在ボストン美術館に展示されている、イタリア人アーティスト、Maurizio Nannucciのネオンアート作品、“All Art Has Been Contemporary”をもじった、私たちの合言葉です。

コンテポラリーとは「今の」「現代の」の意味。

クラシック音楽のコンサートで演奏される作品のほとんどが、数世紀前の遠い異国の曲です。そして、最新のテクノロジーで溢れかえるこの時代に、私たちは、木や動物の毛などで作られた楽器や紙にインクで書かれた楽譜など、手で触れるものを使って、形のない「音楽」というものを創ります。そんな私達が、今、パソコンやタブレットを使ってこのページをご覧になっているみなさんに、音楽を届けるというのは、どういう事なのでしょうか。

クラシック音楽は、日本語に直訳すると古典音楽とされていますが、どんな時代の作品も、その時代の「今の」お客さんに聴いてもらうために創られ、演奏されてきました。私たちは、この事実を大切にしています。

コンビニでランチを買ったり、Netflixで映画を観たり、飛行機に乗ったり、iPhoneを使って家族や友達と繋がったりしている「現代の」お客さんにクラシック音楽を愉しんでいただくために、新しいアイディアをたくさん取り入れながらクラシック音楽を演奏して、たくさんの人達と繋がりたい。そのために、どんな時代のどこの国の音楽を演奏する時も「今、ここ」のお客さんとの対話を大切にして、ただの歴史上の音楽の再現ではなく、ストーリーを伝えたい。そして、音楽だけにとどまらず、ダンス、アート、映像、ファッションと戯れ、常に遊び心を忘れずに、新しい「古典」を編み出していきたい。

こんな想いを込めて、私たち、NeoClassical Collective (新古典主義集団)は、全ての曲を「コンテンポラリー」に演奏します。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。