ARTISTIC DIRECTOR

田中 元樹 MOTOKI TANAKA 指揮者

福岡県出身。4歳からスズキ・メソードにてヴァイオリンを始め、上田英行氏に師事。ノーステキサス大学音楽科にてヴァイオリンと作曲を専攻。バークリー音楽院作曲科映画音楽専攻卒業。奨学金を得てボストン音楽院指揮科修士課程にてブルース・ハンゲン(元ボストンポップス主席客演指揮者)に師事し、2年間アシスタントを務める。

2007年「認定NPO法人 ボストンストリングプレイヤーズ」を創設し8年間音楽監督を務め、指揮者、プロデューサーとしてボストン各地にて演奏会を開催。2010年同団体がボストン美術館レジデントアーティストとなり、ボストン美術館レミスコンサートホールにて定期演奏会を開催する。古典作品のみならず、ボストン在住若手作曲家作品の初演やコンテンポラリーダンサー、ヴィジュアルアーティストとのコラボレーション等、クラシック音楽の愉しみ方を固定観念にとらわれることなく新たに探求し、新しい客層を得る事に成功する。

これまでにアメリカ、イタリア、カザフスタン、カナダ、日本、ロシアなど各国のオーケストラを指揮。2017年PRISMA国際音楽祭(加)にてアーサー・アーノルド氏(元モスクワ交響楽団音楽監督)のアシスタントを務める。翌年モスクワ交響楽団主催モスクワ国際指揮マスタークラスに招致され、最終日コンサートのフィナーレに選抜。ラフマニノフの交響曲第2番を指揮し好評を博す。2019年にダグラス・ボストック(南西ドイツ室内管弦楽団首席指揮者兼芸術監督)のマスタークラスを受講。

プッチーニ作曲オペラ「蝶々夫人」に引用された日本の歌「宮さん宮さん」「かっぽれ」等を初めて西洋式五線譜に記し日英併記で世界に紹介した『日本俗曲集』(三木楽器1891年初版)の編者、第四師団軍楽隊長永井岩井氏が自身の高祖父であることから、日本の楽譜の研究に取り組む。日本伝統音楽の新たな可能性の探究にも積極的に携わり、「特定非営利活動法人 日本音楽集団」の演奏会に度々客演している。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。